新着情報

【セミナー】5/19(木)@恵比寿「子供の絵の読み解きセミナー」2016年5月7日

幼稚園・小学校に行き渋り、
いやいや時期がつらい、
無口になったみたい、元気がないみたい
お友達とうまくやっているかしら・・・など。
とかく気になる子供のこと。
いろいろ親が聞いても、子供の言葉だけでは、わからないこと、伝わらないことも多いものです。
そんなとき、子供の描く絵や創作に注目してみましょう。
自由気ままにみえる子供の描く絵や創作。そこには子供たちの秘められた感情や心理状況が反映されています。
色、配色、モチーフ、タッチ、などから、子供の心の声を丁寧に拾い上げて、ストレスの少ない、親子ともに楽しい育児のために
役立てませんか?
この講座を受けると
・言葉のコミュニケーションだけに頼らず、子供の心がわかる
・子供の考えていること、思っていること、言葉では表現できないことが理解できます。
・子供のキャラクターがわかる
・今伸びている才能をキャッチすることが可能。
・親子の信頼関係がよりよくなる。
子供の心を多方面からみつめ、理解することで、子育てが楽しく、自分育てにもなります。
そして、親子の信頼関係が強まります。
信頼関係が深まると、子供も心も安定し、健全な心の成長を助けます。
こんな人におススメ
・幼稚園児、小学生のお子様がいるお母さん
・おとなしい子、無口な子、幼稚園、学校の様子をあまり話してくれない子をお持ちの方
・まだ、小さく、言葉でうまく表現できないお子様をお持ちの方
・子供関連のお仕事をされている方(幼児関連の教育をされているかた(習い事など)、ベビーマッサージ、教職員など)
あなたも子供の絵から、子供の心理、考えていること、伸びている才能をキャッチしながら
子供の心の成長を見守りませんか?
子供の心がわかると、対処の仕方も変わります。
対処の仕方で、子供との関係が壊れたり、なにも語らなくなってしまったり、逆に親子の信頼関係が強化されたり、
より仲良く、なんでも話せる関係性が構築されたりします。
たとえば、子供がいつも言わないようなわがままを言った時
・何言ってるの!?それくらい自分でやりなさい。
・お母さんは忙しいだから、そんなこと言わないでよ
なんて言いたくなりますよね。
でも、
もし、学校で何か嫌なことや、悲しい出来事があって
とてもつらい気持ちだったらどうでしょうか。
・おやつを食べたら一緒にやろうね。
・どうしたの?そんなこというなんて珍しいね。
などと、言葉が柔らなくなると思います。
そう、子供の態度は変わらなくても、背景がわかれば
それに適した、対応ができます。
何言っているの?と言われた子供は、どんなにさみしいでしょうか。
学校でつらいことがあり、悲しかったのに、もっと悲しくなります。
こんな、さみしい思いを、お互いにしないようにしたいものです。
子供だけでなく、親も楽しくなる子育て、永遠の親友同士となるような
親子関係を築きませんか?
日時 5月19日 11:00-13:00
場所 恵比寿 備屋珈琲店
参加費 8,640円
持ち物 色鉛筆(ない場合はご連絡ください)
※ 今回は保護者向けの講座となりますのでお子様同伴は、原則ご遠慮いただいております。
   申し訳ありません。